2019年度ふかせグランプリ第3戦イン安指

2019年度ふかせグランプリ

フカセ選手権シリーズ㏌安指に参加して2019-5-26日

皆さんこんにちは。紀州荒磯会の伏見憲治です。

今回は、F-1グランプリ㏌安指に参加した事についいて書かせていただきます。朝港で磯決めのくじ引きで、11名参加中11番だったので、ア~と思ったのですが、皆がクソコジかクソ島だからまあまあええんちゃうんと、言われ少し安どしたのも束の間、感想文の抽選で11番を引かれ(引いた人を恨みます(笑))最悪でのスタートでした。

渡船に乗り込み順番に渡礁10番の方がクソコジで私は、クソ島でした。直ぐに準備をして釣りスタート仕掛けは、竿プロテック1.2号、リールハイパーホース2000、道糸PE0,6、リーダーナイロン2号、ハリス1,2で始めました。潮はほとんど動いておらず1投目2ヒロ半で釣りはじめアタリもなくサシエを取られたので、2投目は2ヒロにし暫くしてヒット中々の手応えこれはと、思ったのですが上がってきたのは40㎝位のヘダイでした。あちゃ~と思ったが直ぐ2投目またアタリあれ~ひょとして、そうまたヘダイ。やれやれお茶を飲み3投目直ぐヒットまたヘダイ、4投目またヘダイ朝から風も無く既に汗だく、隣のクソコジの方が尾長コッパを釣られていたので話を聞いてみるともっと良い型の尾長にプツプツ切られたとのことです。いいなぁ~と思いながら釣りをしていると暫くして私にも尾長コッパが釣れました。ひょとしてこの磯も尾長にプツプツあるかも知れないと思い次の1投、またヘダイ。もうええは、と思いお茶を飲み15分位休憩。釣りを再開すると潮が和深の双子方向へ少し動いている感じ、しばらく流しているとウキにアタリ直ぐあわせを入れるとまたヘダイの様な、でも違うようなゆっくりやり取りをして浮いてきたのは、38㎝位のグレまたやる気が戻る。直ぐ同じ様に釣りをするが、しばらくアタリ無し。沖と磯際の散き分けで釣りをしていたので、磯際のマキエの中を見てみると、35㎝位のグレがマイマイしているのを発見、磯際に仕掛けを合わす。直ぐに強烈なアタリと引きハリス1,25ではすぐチモト切れあれ~尾長⁇、と思いながら試しに30㎝位2号のハリスを直結、暫くしてアタリが無いので回収してみるとサシエが取られていないので今度は、ハリス0,8号を直結そこから6回連続でプチプチと切らる、こんなんアタルけど取れへんは∼と思い仕方なく元の1,25号に戻す。20m沖をまた釣り直しするとアタリ、今度は36㎝位のグレそれから11時頃までに、33㎝∼38㎝の口太グレと尾長コッパ2枚、それからは潮が当てて来てしばらく釣りをしたが、フエフキダイの子供ばかり釣れるので1時間前に納竿2時迄ゆっくり片付けをしていたのに、竿の穂先を折る始末最悪ですね。おまけに少し熱中症になって手足が吊り磯の上で大変でした。港に帰り検量し3位に入賞やれやれこれで穂先を折った分は、+、-ゼロという事に。皆さん、朝早くからお疲れ様でした。これからの暑い中での釣りは、お気を付けて下さい。

最後になりましたが初田渡船さん役員の皆さんありがとうございました。次も入賞目指して頑張りたいと思いますので、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です